リンガルブラケット矯正

かねまつ矯正歯科の院内

リンガルブラケット矯正とは

「歯並びは治したいけれど、あの目立つ矯正装置は着けたくない・・・」
そのような理由で矯正治療を諦めていませんか。

リンガルブラケット矯正は、舌側矯正とも呼ばれ、歯列の裏側に矯正装置を装着して行う、外からは見えにくい矯正治療のことを言います。
歯1本1本の裏側にブラケット(ボタンのような小さな金具)を取り付け、そのすべてをワイヤーでつなげて締めることで、歯並びや噛み合わせを改善していきます。
歯列の表側に装置を着ける通常の矯正治療と比べても効果に差はなく、また、大きな口を開けてペンライトなどを当てたりしない限り、装置が見えることはほぼありません。周囲に矯正中であることを気づかれにくく、これまで目立つ装置への抵抗感から、治療を断念せざるを得なかった方におすすめの治療法です。

リンガルブラケット矯正の特徴

メリット

  1. 周りの視線が気にならない

    リンガルブラケット矯正最大のメリットです。矯正装置が外側から見えにくいため、人と話す時や食事をする時などでも他人の目が気になりません。表側の矯正治療のように「装置が目立つのが怖くて、口を開けて笑えない」といったストレスを感じることがなく、治療中であっても思いっきり笑うことができます。
    女性や思春期のお子様には、特におすすめの治療法と言えるでしょう。

  2. 虫歯になりにくい

    矯正治療中は、以前より歯磨きなどのご自宅でのケアが難しくなるため、虫歯になるリスクが高まる傾向にあります。これは表側の矯正治療であっても同じことが言えます。しかし、歯の裏側のエナメル質は表側に比べて厚いため、細菌の出す酸に強く、また常に唾液が循環しているため、自浄効果により虫歯菌が増殖されにくいとされています。

    !注意!ただし、リンガルブラケット矯正であっても、毎日のケアを怠ると、装置と歯の間に汚れが付着し虫歯リスクは高まります。表側と比べて装置が見えにくい分、歯磨きは慣れるまで少し難しいかもしれません。歯磨き指導もしっかりと行いますので、治療中は治療前よりも念入りなケアを心がけてください。

  3. 前歯を後ろに下げやすい

    前歯を引っ込める治療の場合、多くは奥歯を固定源に前歯を後ろに下げる方法を取りますが、表側の矯正治療の場合、逆に奥歯の方が前へ動いてしまうことがあります。
    リンガルブラケット矯正の装置は、構造上固定源の奥歯が動きにくい性質を持っているため、効果的に前歯を後方へ下げることが可能です。

  4. 舌癖を防止できる

    舌を突き出す癖のある方は、前歯が後ろに下がりにくい傾向にありますが、歯の裏側に着いた装置がこの癖を防止する役割を担ってくれます。治療がスムーズに進行できるだけでなく、舌癖自体も同時に矯正されるため、装置を外した後の後戻りも防ぐことができます。

  5. 唇が出っ張らない

    昔と比べると表側の装置も小さくなりましたが、それでも装置の厚み分は唇が出っ張ります。特に出っ歯で唇が閉じにくい方は、唇に装置が引っかかり、さらに閉じにくくなってしまいます。装置が唇や頬の粘膜を傷つけやすく、思わぬ外からの衝撃でケガをしてしまうこともありえます。
    リンガルブラケット矯正には、これらの心配がありません。

デメリット

  1. 違和感がある

    個人差はありますが、装置を装着したばかりの頃は「喋りにくい」などの違和感を覚える場合があります。この違和感は時間の経過とともに舌が順応し、解消されていきます。

    デメリットは改善されてきています!当クリニックがリンガルブラケット矯正の装置として使用しているフルオーダーメイドの「カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)」であれば、歯面へのフィット感が優れているなどの性能から、従来の装置よりも違和感に慣れるまでの期間を短縮するとが可能です。

    カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)について

  2. コストがかかる

    歯の裏側は表側に比べて非常に複雑な上、個々の患者様によっても形状が異なるため、特殊な技術や装置が必要となり、表側の治療と比べると費用が割高になります。

    デメリットは改善されてきています!当クリニックが対応している、上の歯列は裏側、下の歯列は表側の「ハーフリンガルブラケット矯正」であれば、上下両方の歯列でリンガルブラケット矯正を行うよりも、費用を抑えることができます。

    ハーフリンガルブラケット矯正について

カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)とは

ハーフリンガルブラケット矯正のイメージ画像

カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)は、2001年に医療先進国であるドイツで開発され、以来現在も改良が加えられ進化し続けているリンガルブラケット矯正装置(および技工も含めたシステムの総称)です。数多く存在するリンガルブラケット矯正装置の中でも優れた装置の1つとして、世界60ヶ国以上で採用されています。
コンピュータ上で口腔内を3D解析し、お一人おひとり歯並び且つ歯1本1本の形に合わせてフルオーダーメイドで作製するため、既製品を用いる従来のリンガルブラケット矯正と比べ、精度が高く効率の良い治療の提供が可能となっています。

従来のリンガルブラケット矯正装置との比較

  1. 違和感が少ない

    従来の装置は、個々の歯に対してブラケット部分の厚みを調整する必要がありますが、カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)はフルオーダーメイドで作製されるため薄く、装置全体もコンパクトな形状に仕上げることができます。そのためフィット感に優れており、会話中や食事中に舌が装置に引っかかるなどの違和感が少なく、またその違和感に慣れるまでの期間を短縮することができます。

  2. 口内炎などのトラブルが起こりにくい

    装置の表面は研磨が施され、滑らかに仕上げられているため、口内炎などのトラブルが少なくなります。

  3. 治療期間、治療時間を短縮できる

    カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)は、日本で採取した患者様のデータをドイツの工場に送って作製するため、どうしても装置装着までは時間がかかります。しかし、お一人おひとりの口腔内を3Dコンピュータで精密に計測しながら行っているため、誤差やトラブルが少なく、結果的に短期間で効率良く治療を進めることができます。

    また、従来の装置はワイヤーを矯正歯科医が手作業で調整するため、1回の治療時間が長くかかりますが、カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)には複雑な調整が必要ありません。治療時間を短縮し、患者様の負担軽減にもつなげることができます。

  4. 虫歯になりにくい

    従来の装置と比べてブラケットが歯面をカバーする面積が広いため、プラーク(歯垢)が付着しづらく、虫歯リスクをさらに低減させることができます。

  5. 装置が壊れにくい

    ブラケットが従来の装置と比べて大きく、歯に接着する面積が広いため、治療中に装置が外れて壊れてしまうなどのリスクを減らすことができます。

  6. 金属アレルギーの心配が少ない

    従来の装置には、ニッケルやコバルトなど金属アレルギーを起こしやすいと言われる非金属が使われていますが、カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)は主に金の含有率の高い貴金属でできているため、金属アレルギーの発生を抑えることができます。

ハーフリンガルブラケット矯正とは

ハーフリンガルブラケット矯正のイメージ画像

ハーフリンガルブラケット矯正とは、人目に付きやすい上の歯列にのみ裏側から矯正装置を装着し、下の歯列には表側から装置を装着する方法です。
一般的に、上の歯列の方が下の歯列よりも前へ出ていることが多いため、上を裏側にするだけでも、かなり目立ちにくくなります。また、上下の歯列でリンガルブラケット矯正をするよりも費用を抑えることができます。

「できるだけ矯正装置を目立たせたくない」というご要望と、「少しでも費用を抑えて矯正治療を受けたい」というご要望の両方にお応えできる矯正治療です。

ハーフリンガルブラケット矯正の特徴

  • 矯正装置が目立ちにくい
  • 費用を抑えられる
  • 下を表側にすることで、舌が装置に邪魔されず、発音への弊害が少ない
  • 表側の矯正治療と同程度の期間で治療を終えることが可能

よくあるご質問

  • Qリンガルブラケット矯正で治療できない歯並び・噛み合わせはありますか?

    A基本的に、表側の矯正で治療可能な歯並び・噛み合わせは、リンガルブラケット矯正でも可能です。ご自身がリンガルブラケット矯正で治療できるのかどうか確認されたい方は、お気軽に当クリニックまでお問合せください。

  • Qリンガルブラケット矯正と表側の矯正治療を比較した時、仕上がりに差はありますか?

    A基本的に差はありません。同様の治療効果を得て頂くことが可能です。

  • Qリンガルブラケット矯正の治療期間は、表側の矯正治療よりも長くなりますか?

    A患者様の歯並び・噛み合わせの状態によっても異なりますが、上下の歯列ともにリンガルブラケット矯正を行った場合は、表側の矯正治療よりも半年程度治療期間が長くなることがあります。
    しかしたとえ、表側の矯正治療よりも治療期間が長引いたとしても「装置が目立ちにくい」「虫歯になりにくい」などのメリットは、治療期間の長期化というデメリットを補って余りあるものだと考えております。
    なお、上の歯列にだけリンガルブラケット矯正を行うハーフリンガルブラケット矯正であれば、治療期間は表側の矯正治療とほとんど変わりません。

  • Qリンガルブラケット矯正に年齢制限はありますか?

    A基本的に年齢制限はありません。何歳であっても治療を受けて頂くことができます。患者様の中には、60歳を超えてから治療を受けられる方もいらっしゃいます。また永久歯が生え揃っていれば、中学生くらいのお子様でも可能です。

  • Q矯正歯科のある歯科医院であれば、リンガルブラケット矯正どこで受けても同じですか?

    A実はリンガルブラケット矯正は、どんな矯正医でも上手くできるわけではありません。歯の裏側は表側と比べて非常に複雑な形態をしており、矯正医には豊富な実績と高度な技術が求められます。
    当クリニックは矯正歯科の専門医院であり、日本矯正歯科学会臨床指導医が在籍しています。特にリンガルブラケット矯正に力を入れていますので、どうぞ何でもお気軽にご相談ください。

    「日本矯正歯科学会臨床指導医」について

料金表

矯正装置は、カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)を使用します。

種類 初診相談料
治療費(税抜) 無料
種類 矯正検査料・診断料
治療費(税抜) 45,000円~80,000円
種類 ハーフリンガルブラケット矯正(上顎はリンガルブラケット矯正装置で、下顎は表側からの装置の場合)
治療費(税抜) 950,000円~
補足 上顎は歯の裏側に装置を付けますので、表からは目立ちません
種類 リンガルブラケット矯正(上顎・下顎両方をリンガルブラケット矯正装置にした場合)
治療費(税抜) 1070,000円~~
補足 歯の裏側に装置を付けますので、表からは目立ちません
種類 調整料
内容 装置を外すまでの処置(来院時)
治療費(税抜) 6,500~7,000円
種類 観察料
内容 装置除去後の観察
治療費(税抜) 4,500円
種類 歯磨き指導料
内容 歯磨きの指導と歯磨きセット代
治療費(税抜) 3,000円~7,000円

分割でのお支払いもお選び頂けます

当クリニックはデンタルローンを取り扱っています。12回まで分割金利はかかりません。
ご一括でのお支払いが難しい場合も諦めず、是非美しい歯を手に入れて頂きたいと思います。

注意事項

当クリニックでは、医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていないカスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)を用いた矯正治療を行っています。

以下の内容をご理解・同意いただいたうえで治療させて頂きます。

  1. 未承認医薬品等であることの明示

    カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(インコグニート)は、国内において薬機法未承認の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

  2. 入手経路等の明示

    カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)は、米国3M unitek社の製品です。当クリニックでは、グループ会社である3Mジャパン社を通じて入手しています。

  3. 国内の承認医薬品等の有無の明示

    国内で承認されている同一の性能を有するリンガルブラケット矯正装置もあります。

  4. 諸外国における安全性等に係る情報の明示

    カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)は、これまでに世界60ヶ国以上の国々で採用され、ヨーロッパでのシェアは60%以上です(2019年現在)。重篤な副作用の報告はありません。